スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
「ワンペアツーペア、いやフルハウス?」暴いて、鮮やかに魅せてあげるから。

気が向いたので読書履歴を作ってみた。

というわけで見てみたい方1個↓のエントリー見てね(笑)

ってか前から作ろうと思ってたんだ。自分の記録用にww
やたら長いですが、さらっと読み飛ばしていただければわたしの趣味がだいたい見えてくるのではないかと。

あ、ちなみにラノベの類は書いてないです。なぜなら書くと膨大すぎてわたしが死んでしまうからww
コバルト系の有名どころはかなり読んだつもりですが案外抜けがあるし、もういまの世代のコバルトはほとんどわからんですww
わたしのコバルト黄金世代とは藤原真莉さん響野夏菜さん今野緒雪さん高遠砂夜さんあたりですかねー。
あとわたしが特別好きだった作家ってそうないと思ったけど・・・。
なんか懐かしいメンツだよね(笑)
会社違うけど少年陰陽師も一時期ものすごい嵌り方してたねー。懐かしい。
最近新刊追えてないです。まりりん続きかしてww



最近のわたしのど真ん中ストライクは恥ずかしげもなく有川浩です。
ほんとこのひとに出会えてよかったと思う。
有川さんの書くキャラクターが魅力的過ぎて毎回読みながらぶっ倒れそうになります。えぇ。
ほんとこのひとわたしみたいな女の子がすきそうな恋愛話書くのがうまい(笑)
だから受けてんだろうなぁとも思いますが。
実はフリーターはドラマから入ったので大丈夫でしたが、あれ原作厨だったらニノだったとしてもとても見れていなかっただろうなぁと思いながら見てます。
最近読みきったんですが(立ち読みで)、男女の関係がまるきり逆転しちゃってるよね?
有川さんの持ち味って上司♂に憧れる部下♀と、部下♀をいとおしく思う上司♂の関係性だと思うのだ。ってかわたしが好きな作品はみんなそうなんだww
だからこれをまるっきり逆転させてしまったフリーターはたぶん、ドラマから入らなかったら受け止め切れなかっただろうと思う。
だがしかしわたしはドラマから入ったから無問題\(^o^)/
にのかわいいよにの(*´д`*)
阪急も映画なるんだっけ?
メディアミックスうれしいけどやっぱり複雑なのは、原作の良さを殺してしまう可能性が多分にありすぎるからだろうなぁ。
阪急好きなんで見に行くとは思うけど。
ストーリーセラーだけは何回読んでも何回でも泣けるから、あれだけは映像化してほしくないと願っている。あれをお安い脚本に直されたらわたし絶望で泣く。
サイドAもサイドBも、どっちにもよさがあると思う。
レビューではBが物足りないって言われてたけど、確かにわたしも毎回泣くのはたいていAの手紙のとこなんだけどwwBも十分ステキなお話だと思うのですよ。
読んでないひと、有川さんぜひに、とおすすめしたい。
とりあえず理屈系ロマンチストにおすすめwww


あと最近読んでないけど島本理生も大好きだから、あのひともっと文庫化してほしいんだよね。
そしたら買って読めるじゃん。さすがにハードカバー買うお金はありません!
島本さんたまにエロいけどえぐいとこ書いてくれるし、好きなんだよなぁ、雰囲気が。


そしていつまでもハロウィンデザインなのもどうかということでテンプレ変更ww
シンプルイズベストですな。かわうい。



♪ポーカーフェイス/ゆちゃP
 原曲を超える歌い手がまだ出てきてないよねww
 もうゆちゃPにblackjack以降はまりすぎててうけるw

| 本・映画 | comments(1) | -
かんいどくしょりれき。


更新(11/3/23)
→読んだら随時追加。ついったで感想投下されたら追加されるかも、くらい。


いままで読んだ本の羅列。
簡易版読書記録。
高校から大学にかけて読んだ本がほとんど。

★つきのはお気に入り作家とお気に入り作品。
●つきのは持ってる作品。


★有川浩
 ★「図書館戦争」シリーズ4巻+外伝2巻
 ★●「塩の街」
  「海の底」
  ●「空の中」
  「クジラの彼」
 ★「植物図鑑」
 ★「阪急電車」
  「ラブコメ今昔」
  「三匹のおっさん」
  ●「レインツリーの国」
 ★●「ストーリーセラー」
  「フリーター、家を買う。」
  「シアター!」
  ●「シアター!2」

★島本理生
 ★●「ナラタージュ」
  「生まれる森」
  「リトル・バイ・リトル」
  「クローバー」

★荻原規子
  「空色勾玉」
  「白鳥異伝」
 ★「薄紅天女」
  ●「風神秘抄」
  「西の善き魔女」シリーズ全巻
  「これは王国のかぎ」
  「樹上のゆりかご」
  「レッドデータガール はじめてのお使い」

東野圭吾
  「流星の絆」
 ★「容疑者Xの献身」
  「聖女の救済」
  「ガリレオの苦悩」
  「探偵ガリレオ」
  ●「パラレルワールド・ラブストーリー」

五條瑛
  「ROMES06」
 ★「ROMES06 誘惑の女神」

石田衣良
  ●「親指の恋人」
  ●「美丘」
 ★「池袋ウエストゲートパーク」シリーズ全巻+●外伝1巻
 ★●「アキハバラ@DEEP」
  「REVERSE」
  「東京DOLL」

恩田陸
  「ブラザーサン、シスタームーン」
 ★「夜のピクニック」
  「図書室の海」
  「ドミノ」
  「ネバーランド」
  「六番目の小夜子」
  「MAZE」
  「光の帝国 常野物語」
 ★「蒲公英草紙 常野物語」
  「エンド・ゲーム 常野物語」
 ★●「ロミオとロミオは永遠に」

森絵都
 ★「DIVE!!」シリーズ全巻
  「カラフル」
  「風に舞い上がるビニールシート」
  「永遠の出口」
  「アーモンド入りチョコレートのワルツ」
  「いつかパラソルの下で」

あさのあつこ
 ★「バッテリー」シリーズ全巻
 ★「NO.6」シリーズほぼ全巻
  「ガールズブルー」

三浦しをん
  ●「まほろ駅前多田便利軒」
  「神去なあなあ日常」

★海堂尊
  「チームバチスタの栄光」
  「ナイチンゲールの沈黙」
 ★「ジェネラルルージュの凱旋」
  「ジェネラルルージュの伝説」
  「イノセントゲリラの祝祭」
  「ひかりの剣」
  「ジーンワルツ」
  「螺鈿迷宮」
  「極北クレイマー」
  「ブレイズメス1990」

伊坂幸太郎
  「陽気なギャングが地球を回す」
  「陽気なギャングの日常と襲撃」

市川拓司
  「いま、会いにゆきます」
  「恋愛写真―もうひとつの物語―」

片山恭平
  「世界の中心で、愛を叫ぶ。」

辻仁成
  「冷静と情熱のあいだ―Blu」

江國香織
  「冷静と情熱のあいだ―Rosso」
  「東京タワー」
  「神様のボート」
  「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」
  「号泣する準備はできていた」

★小路幸也
 ★「そこへ届くのは僕たちの声」
  「残される者たちへ」

綿矢りさ
  「蹴りたい背中」

村山由佳
  「おいしいコーヒーのいれかた」シリーズほぼ全巻
  「星々の船」
  「夜明けから1マイル」
  「天使の卵 エンジェルス・エッグ」
  「青のフェルマータ」

乙一
  ●「さみしさの周波数」
  「きみにしか聞こえない―CALLING YOU―」

湊かなえ
  「贖罪」

柚木麻子
  「終点のあの子」

小川洋子
  「博士の愛した数式」

桜庭一樹
  ●「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」

中山七里
  ●「さよならドビュッシー」

東川篤哉
  「謎解きはディナーのあとで」

喜多喜久
  「ラブケミストリー」

天野頌子
  ●「よろづ占い処 陰陽屋へようこそ」



「ダヴィンチ・コード」


敬称略。順不同。


ちなみに持ってるか持ってないかの基準は
1めちゃくちゃ好きで手元に持っておきたい
2気紛れで買ってみた
の2パターン。
基本2が多い。1はナラタージュと有川さんくらい。


| 本・映画 | comments(0) | -
いつだってぼくら、あの流星の下で繋がっていたんだ。
はあ………
流星の絆、すっごくよかったです。
なんかもうほんと、東野さんのっていつもやりきれないのに最後の最後にちゃんと救いを残してくれるから…たまんない。
しずなちゃんが、ずっとしあわせでありますように。
ゆきなりさんならちゃーんと守ってあげそーだけどね(笑)

にしても頭の中はいつも以上に煌びやかな世界でした(笑)
なんたってニノとにっきどにえりかちゃんだもの\(^o^)/まじにやにやだわー
そう考えるとつくづく豪華キャストですね。
原作もちゃんと読めたしつべかなんかで拾ってドラマ見よっかな。
| 本・映画 | comments(0) | -
この恋、このままこの地で眠ろう

ロメスやばおもしろ!
まぁこの場合ドラマではなく原作の話ね(笑)
昨日たまたま父親が図書館でゲットしてきてたやつが机の上に置いてあって「ロメスじゃん!読ませて!」といって夜10時から読み始めて4時間ちょいで読破してやりました\(^o^)/
今日バイトだったのに完全アホ\(^o^)/←
しかし面白かった。成嶋くんに萌えすぎて死ぬところだった(*´д`*)
成嶋くんも砂村くんも頭の中では完全にくらやすのふたりだったので妄想しすぎてやばすぎ\(^o^)/くらやすらぶらぶしすぎ\(^o^)/
とりあえず成嶋くんが素敵キャラすぎて大好きすぎた。フリーダムでクールで天才、なおかつかわいい(*´д`*)
ロメスと部下を器用に扱っていくあの切れ者っぷりがまじ死にそうにかっこいい。
もう最初から最後まで成嶋萌えがやばかった(*´д`*)
そして成嶋くんに懐いて後ろからちょこまかついてく砂村くんかわゆすもえ(*´д`*)


あと先週親指の恋人が文庫出てたので買ってしまいました。
さらっと読んでしまったのですが、若干美丘に似てるというか……面白かったけど、なんかいまひとつ?
あ、やっぱりひとこいにも似てました(笑)
まぁ現代版ロミジュリなんて言うくらいだから当たり前なんだけどさ。そーいやひろとのおかーさんとなおのおとーさんの言い分ってそっくりそのままこんな感じだったなぁって。まぁ性別の差はありますけど(笑)

なーんて言ってたらひとこいが見たくなってきた!
誰かDVDであたしにくれないかなぁ←
| 本・映画 | comments(0) | -
いつかこの道分かたれて、それでも僕はきみをわすれない。

テンプレ変えてみたお!
ベリーベリーしてておいしそう・・・(・∀・)食べたす

今日また本2冊読みきりました\(^o^)/
最近本読みたい気分なのれす。もっと本持って来ーい!←
今日読んだのは恩田陸さんの「ブラザーサン、シスタームーン」と三浦しをんさんの「神去なあなあ日常」です。
先にBSSMをすごい勢いで読みきったのですが、これが3者の視点で三者三様なんですよね。
ちょっとずつリンクしてて、いい感じでしたねぇ。
なんというか感想というほどのものじゃなくて、穏やかに「あーいい話だったなぁ」ってはぁってため息つく感じだったから言葉がうまくでてこないんですけど(笑)
あやねちゃんのときにはあまりまもるくんのことが触れられなくて、それって逆にものすごくまもるくんのことを大切にしてたってことなんだろうなって漠然と思いました。
たぶんあやねちゃん的にいうと、もう既にどっかで語ったと思い込んでるから最後の部分で「あの人?言わなかったっけ?」ってなったんだろうなって。
そしてそれって、すごくたくさんの時間を共にいたから、当たり前だったから、もうすでに言っちゃったものと勘違いしちゃった上での話だと思うんだよね。
なんかふたりの関係についてはほんとにさらっと描かれていたけど、それって当たり前というのが大前提だったんだろうなぁなんて思いました。
個人的にすごく好きな分野の好きな3人の視点で語られていたので、すごく興味津々で読みすすめちゃいましたねー。
あやねちゃんは文学・物書きについて、まもるくんは音楽特にジャズ、はこちゃんは映画。
あやねちゃんの気持ちはわからなくもない(笑)
わたしも一時期は書き物を生業にしたいと思ってた時期があったなぁ、なんて。あの頃はまだいろいろと幼かったし知らないことも多かったよ、うん(笑)
まもるくんのジャズはもう、ほんとこのシーン音にして!!!って感じだった。
レギュラーバンドのライブシーンとか、サックスの彼(名前忘れた・・・笑)が飛び入りしてくるシーンとかね。もうたまんない!
やっぱりジャズは好きだなぁと思った。聞くのもイイし、弾いててもすごい楽しいしね。
それぞれが趣味を大事にしてる感じが青春だなぁ、なんてね。まぁわたしも真っ只中というか、語られてる過去の彼らとは同い年くらいなのになぁ(笑)

もうひとつの神去なあなあ日常は、神去という田舎町で初めて林業に触れる青年の1年を通した物語です。
神去の方言で「なあなあ」はまぁ急がないでまったりいこーぜ、みたいな感じなのですけれど、全体を通してそんなまったりムードでいきます。それが妙な心地よさで、田舎のよさってこういうのなんだろうなって。
でも反対に、田舎特有の排他的世界観というか、そういうのに苦しめられる主人公が描かれたりして、おきれいな単なる「田舎いいぜ!」みたいな話になってないのがリアリティあっていいなぁと思いました。
後半はなおきさんとの恋愛話もあったりとかで、結構主人公くんイマドキボーイ(笑)だから、なかなか焦れてる感じがおもしろかったー!
林業については知らないことだらけですごく新鮮な世界でした。
逃げ出したかった主人公くんも次第にのめりこんでいく様子がすごくよくわかったし。
なんていうか豊かな森に対する表現がすごくきれいで好きでした。四季折々の魅力が伝わってくる感じ!すてき!


まぁそんな感じで!
若干適当なのはお酒入ってるからかもーあはは★←

| 本・映画 | comments(0) | -
あなたといると毎日ドキドキがとまらなくて、甘やかされると窒息するようなしあわせを味わうの。
だ、だめだゲロ甘すぎて窒息する…!
いかんまじで堂郁が愛しい(*´д`*)なにあのかわいさ
別冊1読んできました。もはや身悶えというレベルを超えてリアルじたばたです←
まずお見舞い話たまらん。傷口吸った!てゆか空気があまあま!
堂上は郁ちゃん甘やかしたくて仕方ないのねぇ…もはや野次馬おばちゃん視点\(^o^)/
てゆかふたりでいちゃいちゃしてるとこ全部好きなんだけど(*´д`*)
とりあえずもう堂上の郁呼びがたまらなく好きなんだけど。プライベートだけ名前って……なんかイイよね萌える(・∀・)
郁ってよばれたーい\(^o^)/←いろいろ違う
年上の彼氏が欲しくなりましたガチで。あのくらいリードされたいよねだっておにゃのこだもん\(^o^)/
なんかピュアっつーか照れ照れデレデレなりにそれなりにやっぱオトナな感じが萌える堂上(*´д`*)
郁ちゃんが可愛すぎてもうきゅんきゅんするよね\(^o^)/まじ彼女にしたい←
わたしいつも通り男性陣だと手塚派なんですが(まぁなんとゆーか予測の範囲内な。笑)、それを上回るほど柴崎が大好きなので焦れったいです…!
あ、でもお見舞でとっさに柴崎支える手塚最高\(^o^)/さらに柴崎泣かせてあげる手塚最高\(^o^)/
柴崎さまが相変わらず素晴らしい立ち回りっぷりで惚れ惚れいたします。やっぱり麻子さまは神だった\(^o^)/

今日中に2巻もかりていこっかなー読みたすぎてマジ我慢できないから(・∀・)
| 本・映画 | comments(0) | -
奇跡のように叶った恋を、運命だと信じたい。
あふーこれ昨日の感想だからねー\(^o^)/すぐ別冊感想あげにくるお(・∀・)


なんか身悶えしながら読みました図書館革命。図書館シリーズの4巻ですね。
もーお、とにかくやばい!愛の逃避行やばい!(爆)
やー本屋さんのシーンがとてつもないインパクトでした。
しかし郁ちゃんらしいなぁ、カミツレ返して好きって言うから絶対無事でいろとか。ちょーおっとこまえ(笑)
しかし個人的にはその前の堂上の「泣くな、笑え。ここからはお前ひとりだ」ってあのセリフがちょーぜつお気に入り。リズムといい意味合いといいすさまじくいいセリフ!あれは思わずリピートしてしまうわ…。
郁ちゃんの爆弾告白と合わせて一体何度本屋さんのシーン読み返したか(笑)
結婚後にはにやにやしすぎて窒息死してしまうところでした。篤さんに郁とかマジ身悶えしたっつの!ひぃかわゆす(*´д`*)
手塚柴崎のちゅーシーンにもちょお萌え(*´д`*)奪い返す手塚もえすもえすはあはあ←
早く外伝をわたしに読ませて…!早くこのらぶらぶなふたりをくっつけて!!
手塚まじ煮え切らねーなぁ…まぁ相手がなんたって柴崎麻子さまですからわからなくもないんだけどね(・∀・)
早くくっつけぇええええ(もはや呪い)

とりあえずやはし外伝を立ち読みしにちょっくら本屋までいってまいります('◇')ゞらじゃっ←
| 本・映画 | comments(0) | -
血を被って、未来のためにどうしても守りたかったものがある。

あっはっは昨日寝ちまってあげ損ねたぜorz
日付おかしいのは気にしない方向で!

あーもうしあわせ(*´д`*)
図書館内乱図書館危機と、阪急電車も合わせると今日だけでリアルに有川さん3冊も一気読みですよー。
だってもうたまんないんだもん、あのツンデレカポーが。もうすきすぎるやばい(*´д`*)
堂上さんもいくちゃんもどんだけピュアハートなの…!
堂上さんの不器用な気遣いというか心配性と甘やかし方にたまらなく萌えました…!
査問会のあとの会話とか卒倒モンだろ\(^o^)/甘いの好き好きー!
しかし腐要素もいけるのが素敵なこのシリーズ\(^o^)/
もうここは小牧×堂上しかないわ(*´д`*)はらぐろ×つんでれもえすもえす
いやしかし至る所カポー成立すぎてたまらんな。基本ノーマル好きな自分には涎でそうなご馳走です←きたない
堂上×郁はもちろんだが手塚×柴崎だよここもたまらなく萌えた!
てゆかごめんわたしの好み知ってるひとならわかるかもだけど、わたしいちばん柴崎好きだ\(^o^)/やばいあのこかわいい\(^o^)/
情報なんでも持ってるクレバーなとこも好きだし、寄りかかりたくなくて戸惑ってるくせ郁とか手塚に心許してるあたりやばい萌える(*´д`*)
小牧×毬江も途中破壊的な可愛さに倒れそうになりますた\(^o^)/なにあのカップルかわいい。おませで計算な感じもいいよいいよ!
痴漢撃退話がおもしろすぎてさーさすが腹黒こまきさんすぎてうけた\(^o^)/あれくらい腹黒になりたい←
てゆか小牧さんの声優石田だと知って吹いたww似合いすぎる\(^o^)/
玄田×折口カップルも還暦云々言わずにとっととくっつけばいいよ\(^o^)/
あーもえすもえす。明日か明後日には4巻読みたい(*´д`*)はあはあ←危険人物


でもさ、有川さんがこうしてこの本を書いてくれたこと、わたしは心から感謝してる。
人権擁護法はまさしくメディア良化法だから。
成立したら困るの。わたしたちの自由はまだ奪われてない。
わたしたちはわたしたちの精一杯で反抗しなくちゃならない。図書館戦争を現実の予知書にしてはいけない。
マンガも小説も雑誌も、表現の自由は守られて然るべき。
幸いわたしはもうすぐで成人する。投票権が手に入る。
無抵抗なんかじゃいられないよ、ね?(笑)
| 本・映画 | comments(0) | -
電車に揺られてひとつ、ふたつ。
こう、いい本を立て続けに読めるのって幸せよねぇ(笑)
2限あきだったのでさらっと図書館で阪急電車読んできました。
もーぉ、最高に楽しかった!いまだに思い返すとにやける(笑)
えっちゃんの彼氏の話最強すぎる\(^o^)/腹が捩れるかと思いました。なんという関西人たち。マジで何段オチだよあの話(笑)
というわけでえっちゃんと翔子さんの話が個人的にはお気に入りでした。厳しいおばあちゃんも可愛くて面白かったけど(笑)
あ、あとパンク少年とごんちゃんもかわゆすだったなぁ。初々しさがたまらん(*´д`*)
しょーこさんがミサに向かってこっそり「素敵なブランドが台無しね」と言った瞬間のウィットのきいた感じの関西ノリは大好きだなぁと思いました。
ミサちゃんは間違いなくマユミ兄と付き合うべきです\(^o^)/

あー楽しいなぁ…やっぱ有川さん好きっすねー
早く図書館シリーズと自衛隊3部作読みたいなー。わくわく( ´∀`)
| 本・映画 | comments(0) | -
激しく燃え落ちる流星のように、彼女は日々を生きていた。
あああああもうだめだ泣ける!
美丘読み終わりましたやっと。なんかそーいう気分で後半からずさーっと全部読んじゃった。
中身はまぁやらしいことがあけすけと連発されてさすがいしだいらクオリティでした。笑える(笑)
まぁくどくないやらしさとかもそーなんだけどやっぱ石田さんはさらっとした日常描写が激しくうまい。6人の会話とか確かにどっかの街中で繰り広げられてそーなんだもん。
あとは抜群なみおかの可愛さっすね。あけすけでざっくばらんな男前、とにかく奔放で気性は激しいし強いけど、魂の輝きってゆーのか、とにかく鮮烈で、さらにたいちくんの前だとやたら素直で可愛い(笑)
ぶっちゃけこの話みおかのキャラクターですべてが出来てると思う。あとはフラットなたいちくんの語り口。
なんか前半と後半の出来事の差というか、すさまじいのに、変わらず激しいみおかと冷静なたいちくん。
壊れていくものが拾い上げたいのに零れ落ちて、さらに自分も崩壊していく。
やっぱ切ないなぁ…。
なんかね、泣ける携帯小説とかいうけどさ、やっぱ軽いよ中身が。こんなにずしんとくる小説めったにないもの。
いのちの輝きってなんなんだろうね。わたしって、今の瞬間もちゃんと生きてられてるのかな?
恋愛ものだったのにそれよりももっといのちの大切さを教えられた気がします。
最後まで自分らしさを追い求めたみおかはとにかくかっこいい。
読めてよかったです。やっぱり石田衣良に外れはないな。
とりあえず先月出たIWGPを早く読みたい\(^o^)/
てゆか石田さんは作品数が多すぎてリアル追いつけないorz
わたし今親指の恋人とシューカツが文庫になるの待ってるから(・∀・)だってハードカバー買うお金ないし←
IWGPは立ち読み上等でいこうと思います。よし、来週の木曜日に特攻だ!←
| 本・映画 | comments(0) | -

BLUE BLUE BLUE

in the dreamin'dreamin'days...I love you!!!

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
  • 「ワンペアツーペア、いやフルハウス?」暴いて、鮮やかに魅せてあげるから。
    近衛 (01/08)
  • no title
    碧仁 (07/30)
  • no title
    舞花 (05/15)
  • 後悔は死ぬほどしてるよ、だから
    舞花 (05/05)
  • please don't say, "you are lazy", because I am actually crazy
    アサキ (05/04)
  • 神降臨ですねわかります隊長!
    アサキ (04/24)
  • ふたりで肩寄せ合って、幸せだねなんて、笑いあえる日がもう一度来るなんて。
    アサキ (03/07)
  • ふたりで肩寄せ合って、幸せだねなんて、笑いあえる日がもう一度来るなんて。
    ちはや (03/07)
  • no title
    美奈 (01/30)
  • どうしようもなくキラキラ輝いてたあの日の夢を、忘れたことなんてなかったよ。
    碧仁 (12/30)
RECOMMEND
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode